野村不動産マスターファンド投資法人

証券コード:3462

  1. ホーム
  2. ESGへの取り組み
  3. 方針・体制・目標

方針・体制・目標

サステナビリティへの取り組み方針

本投資法人の資産運用会社である野村不動産投資顧問株式会社は、2015年12月に「サステナビリティ方針」を制定しました。
本投資法人は資産運用会社と共に、中長期的な投資主価値の向上を図るため、環境(Environment)・社会(Society)・ガバナンス(Governance)(あわせて「ESG」といいます。)に配慮した運用を実施していきます。

<トップメッセージ>
本投資法人は、2015年末以降、ESG/サステナビリティへの取り組みを強化するため、資産運用会社において推進体制を整備し、2016年よりGRESB評価へ参加を開始しました。今後もより一層ESGへの取り組みを強化してまいりますのでよろしくお願い致します。
執行役員 吉田修平

サステナビリティ方針

サステナビリティ目標

本資産運用会社は、「サステナビリティ方針」に基づくESGへの配慮を推進していくために、「サステナビリティ推進規定」を制定し、「社内体制」、「社外関係者との協働」、「情報開示方針」等について具体的に定め、適切なサステナビリティ推進態勢の確保を図るとともに、エネルギー使用量の削減目標(中長期目標)と目標管理について以下のとおり設定します。

このページの先頭へ